観光大使になるにはどうしたらいいの?そのほか観光特使やふるさと大使の方がなりやすい?

7.その他

知り合いからの相談があり調べてみましたが、意外や意外観光特使やらふるさと大使やら別のワードがあり、私が調べた情報を記事にします。
※地域によって異なる場合があるので、希望の市区町村で再度確認をお願いします。

観光大使になるには

観光大使イメージ画像

観光大使になるには、著名人やその地域のコンテストなどに勝つ必要があるようです。
なので一般の方が観光大使になるためには、少し難しそうな感じです。

理由としては、観光大使の目的があり、観光地や地域の魅力を広める役割を目的とします。
そのため、知名度や影響力などイメージキャラクターとしての役割が強いため、これらのスキルを既に持っている著名人がなる傾向にあるようです。

一般人でもなれる可能性がある”観光特使”

観光大使とは別で観光特使というのを設けられている地域もあるようです。
この観光大使と観光特使の大きな違いは専門性です。

簡単に言うと、観光大使=スーパー(お店)だったら、野菜・精肉・鮮魚などの売り場=観光特使にあたるのではないかと思います。

専門的な経験や知識を持っており、その分野の魅力や観光資源を積極的に発信することができる人が観光特使になれるようです。

栃木県の観光大使 = U字工事さんでその中のとちおとめ = イチゴ農家とちおとめの第一人者

などのような感じだと思います。

ふるさと大使

ふるさと大使画像

観光大使ともう一つふるさと大使というのもあるようです。
ふるさと大使というのは、出身地やゆかりのある地域を広めるために任命される役職のようです。地域の魅力や文化、特産品などを紹介し、地域のPR活動に従事し、観光大使と似たような感じがしますが、厳密には違うようですね。

選出方法にも違いがあるようです。

自治体の首長や商工団体の長が地元ゆかりの人物の経歴等を元に選ぶのが基本です

全国ふるさと大使連絡会議参照

まとめ

  • 観光大使になるには、知名度などが必要になるためハードルが高い。
  • 一般からの公募可能な、観光特使やふるさと大使というのがある

広報活動や促進などが目的なので、それらができる人材である必要がありそうです。

簡単な表にまとめました。
自治体によっては違いがあるかと思いますので、ご参考までに。

観光大使観光特使ふるさと大使
目的広く観光地や地域のイメージを宣伝・広報特定の分野やテーマに関連して観光活動を促進地域の魅力や文化、特産品などを紹介
誰がなれる著名人やコンテスト優勝者一般人も可能一般人も可能
報酬なし基本なし基本なし

報酬はないのが当たり前のようです。
金銭的な報酬はなくても、その地元の特産品などは送られてくることがあるようです。

名称も地域によって違ったりと、面白かったです。

コメント

  1. 匿名 より:

    なにがこんてすとでううしょうだ!
    そんなの一般人には無理だろアホが

    • yukimi0 より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます。

      観光大使になるのは、特別な影響力のある方が多いようですね。
      地域によっては異なるかもしれませんが、「情報発信」や「情報を見てもらう」といったきっかけが必要になります。
      可能性は0ではないと思いますので、観光大使になりたいと思っている市区町村に問い合わせしてみると良いと思います。